Requires a javascript capable browser.

外壁塗装・外壁サイディング貼り替え・屋根リフォームは外装リフォーム専門店のガイソー名取店にお任せください。

名取店

022-797-0687 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン 外壁サイディング 防水工事 屋根カバー工法 火災保険 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
リフォームの流れ お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップ施工事例 > 屋根カバー工事で高耐久の屋根に!【仙台市太白区東中田|屋根カバー工事・付帯部塗装工事】
施工事例
仙台市 E様邸 屋根カバー工事・付帯部塗装工事
after
before
エリア 宮城県仙台市
お客様 E様邸
工事内容 屋根カバー工事・付帯部塗装工事
工期 13日間
リフォーム費用 181.2万円
仕様 【屋根】極みMAX(色:ジェットブラック)
築年数 47年
坪数 26坪
施工 ガイソー名取店

工事詳細

■お問合せのきっかけ
ガイソー名取店のチラシをご覧頂いて、お電話にてお問合せ頂きました。

■工事詳細

【屋根カバー工事】※ガルバリウム鋼瓦棒葺き
・施工内容:既存棟板金の撤去→アスファルトルーフィング敷き→定尺ガルバリウム鋼板横葺き(98㎡)→本棟、隅棟板金施工・軒先唐草施工・雪止め金具施工・壁取り合い板金施工・壁際コーキング
・使用素材:極みMAX(色:ジェットブラック)


【付帯部塗装】
破風板・小庇:シリコン
軒天:NAD
ベランダ床

■施工費用

足場:18万円(278㎡) 
屋根カバー工事:114.6万円
付帯部塗装:14.6万円
その他:34万円(ベランダ脱着・エアコン脱着・産廃処分費、税など)

合計181.2万円

施工前

外観
施工前の外観です。
屋根の状況
塗膜の剥がれが多数ありました。再塗装した場合は、古い塗膜から剥がれるおそれがあるため再塗装はお勧めできません。

付帯部の状況
破風板、軒天などの付帯部にも、塗膜の劣化が多数確認されております。
軒天の塗膜が剥がれてるところがありました。
屋根材にサビ
屋根材にサビを確認しました。このまま再塗装してしまうと、塗膜が剥がれる恐れがあるため、屋根カバー工事をお勧め致しました。
屋根カバー工事とは?
塗膜の劣化
塗膜の劣化や屋根材のサビを多数確認しました。
バルコニーの状況
屋根工事の際、バルコニーを一度撤去する必要があります。

施工開始!

足場
まずは足場を設置して施工開始です!
足場
下準備が工事の要です。工事は、安全に作業するための仮設足場を設置することから始まります。

塗装下地

ケレン
「ケレン」とは、塗装をする前の過程で行われます。
サビ・汚れ・古い塗膜などを、ヤスリや電気工具を使って落とし、
塗料の付着をよくする作業のことです。
ケレン完了
ケレンが不十分なまま塗装をすると、塗装後2~3年で剥がれてくることがあるので注意が必要です。

丁寧にケレン作業を行うことで、
・塗装の密着を良くする
・塗装の寿命を長くする
ことが出来るのです!

このあと丁寧に塗装していきます。
軒天:NADで塗装しました。

屋根カバー工事 施工中

既存板金の撤去
既存の屋根材を撤去せずに、上から新しい屋根材をかぶせる工法を「カバー工法」といいます。
まずは既存の棟板金とその下地となっている木材を取り外します。
軒先を交換
軒先の木材が腐食してしまっていたので、新しく交換しました。
木材の腐食
既存板金を撤去した後の、下地になっていた木材を見てみると、腐ってぼそぼそになってしまっていることが多いです。これは、新築してから年月が経つにつれ傷み始め、少しずつ雨水がまわってしまっていたためです。
ルーフィングと呼ばれる防水シートを敷設
防水シートを貼ります。万が一新しい屋根材から雨がまわってしまっても、防水シートを貼っておけば雨漏りすることはないので安心です。

ルーフィングの上から屋根本体を張る
軒先から順番に本体を張っていきます。そのスタートになる軒先スターターや谷水切りなどの役物と呼ばれる板金を加工し取り付けます。
瓦棒キャップ取付け
瓦棒キャップと呼ばれる屋根材の留め具を取り付けていきます。
瓦棒キャップ取付け
・使用屋根素材:極みMAX(色:ジェットブラック)
穴あき25年保証!耐候性に優れた屋根材です!
棟板金取り付け
最後の仕上げとなる、棟板金の取り付けをします。
下地となる木材をビス止めし、その上に板金をかぶせて固定します。

完工
これにて完成です!

屋根の美しさは棟で決まると言っても過言ではありません。板金の折り加工や納まりのきれいさで職人の腕がわかります。ガイソーには、熟練の腕利き職人が多数在籍しておりますのでご安心ください!
完工
既存の屋根材を撤去せずに上から新しい屋根材をかぶせる「カバー工法」は、解体工事をほとんど必要とせず、そのため廃材もほとんど出ないため、経済的なメリットがあります。
完工
金属の屋根材は、雨が屋根に当たったときの音がうるさいのではとご心配される方も多いですが、断熱材をサンドした材料なら、部屋の中で聞こえる雨音は最小限に抑えられます。
その上、断熱効果で2階のお部屋に熱がこもるのも軽減してくれます。耐久年数は驚異の20年。長持ちする丈夫な屋根にしておけば今後も安心ですよ。

【極みMAXを使用した屋根改修工事の施工事例】
傷んだスレート屋根も「カバー工法」で補修!外壁塗装も行いました!【宮城県仙台市太白区東中田・O様邸】
1階天井に雨染みが!屋根改修で雨漏り解決!【宮城県大河原町K様邸 屋根改修工事】


before
after
屋根の劣化が気になっていました。ガイソー名取店のチラシを見かけて問合せをしたところ、施工前の屋根・外壁診断を隅々までチェックしてもらうことができました。屋根の塗装が剥がれてきている様子を写真で見せて頂きました。塗装をしてもまた剥がれてきてしまう可能性を説明してもらい、屋根カバー工事をお願いすることにしました。
しっかりと状況を見て工事を提案してもらうことができて良かったです。ありがとうございました。
施工前に、お客様ご自宅の屋根の状況を確認させて頂きました。塗装のはく離を多数確認しました。過去に一度塗装をされていらっしゃるとのことで、再塗装はお勧めできません。カバー工法による工事をお勧めしました。

また破風板、軒天など付帯部も塗膜の劣化が多数確認されております。古い塗膜を落としてから丁寧に塗装することを心掛けました。

屋根カバー工事を行ったのでこれからも安心して長くお住まい頂けます。お任せ頂きありがとうございました。

もっと屋根の施工事例を見る!
施工事例はこちら

ガイソーの外壁・屋根リフォームメニュー
ガイソーは商品代+工事費込みの安心価格!
高耐久塗料から超耐久の屋根材まで
外装リフォーム専門店ならではのプランをご提案致します。
各リフォームコーナーの入り口はコチラです!
外壁塗装キャンペーン ガイソーウォールシリコンプラン 工事費込の価格で安心
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!